Speak-Easy
「うさぎと暮らす」「写真ブログ」「ポタリング」「ママチャリで0泊!房総半島一周」                                SUB Title: アスベスト・悪性中皮腫 『私と家族のメモリーとして、同じ戦いをする人達に捧ぐ為に』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫背
千葉出発が遅れGWなので渋滞多い。
病院到着が遅れるので妹夫婦&母とは病院で落ち合う事をメールで確認。


病院に到着!

父は呼吸が可なり苦しいのが伝わる。
体を丸める様に横たわる。猫の様に
真っ直ぐには寝られなくなったのだ!

容態が変化した事が判る。



父が義理の弟に
「もう駄目だ・・・」と話している。

弟はただ、うなづく。


そりゃ返す言葉も見つからないよ!

こんな状態の父を目の当たりにしては・・・






本人が一番判るのだもの…

この状態じゃ、「ガンバって」などと言う言葉は意味をなさない。

既に父はこの2年間を頑張って来たのだし
もう苦しめたくない!
もういいのだよネ!




回想録:2007/5/21追記


テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

逆転
20070427221532.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO



『MRI』と『骨シンチグラフィ』の示す結果が一致しない?


そうなんです!
妹と母からの話しだと
当初「MRI」では足に悪性の何かが有る様に診えた。


足に「放射線治療」を施す様な話しも医師から出る。


そして
 『骨シンチ』で更に詳しく判断する目的であったのだが
   悪性の腫瘍は無いと「整形外科医に言われた」と! 母

父の病室に向かう途中で「整形外科医」が母を追ってきた!
『腰に何かある可能性が… もう一度 「MRI」を撮りましょう』 と …



『悪性の腫瘍は無い』との言葉に
 一旦は安心したのに…  追い討ちの様な言葉…



最終的な判断は、
足への2回目の「MRI」結果を待つ事となる!
その為に足への「放射線治療」も中止。




父の思いは
 悪い方へ悪い方へと転がりだす

 「放射線治療」の中止は、やっても無駄との判断からだろう。。。


   「もうすぐ寝たきりになるなぁ  … 」

   妹に「最後までみてくれるのか?」 と聞く

   妹に「マンションで在宅でいいのか?」 と聞く

   「迷惑掛けるからやっぱり家に帰るか   」

   「家に手すり付けて、トイレも洋式に換えないとな」

   「ホスピスはどうなった?」




妹は父に

    「大丈夫だよ!ベッドの横に簡易トイレを置けば」

    「マンションで大丈夫だよ!」と話したそうだ。



勇気づけなくては
奇跡を起こす為には
前向きな気持ちにさせなくては





どうして凹ませる様な事が次々と起こるの?
何を試してるの?何のため?
もういいだろ!このへんで


 ・・・などという思いも出てしまう



さあ!
明日は横濱に行くゾ



    この頃は口から食事するのが可なり厳しい状態です。
    ヨーグルト、バナナが精一杯です。



テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

不合
20070424231309.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO



足への転移について主治医から父へ伝えられた。

詳しくは明日、整形外科から話がある。

足の何処なのか?(骨?だろうか)

対処方法は?

まだ分らない・・・



『MRI』と『骨シンチグラフィ』の示す結果が一致しない?


はぁ? 何!?





※ 辻堂のホスピス、外来予約(2007/5/1)取れる。
  これで4件目。


写真は父の作品
『馬と馬車』
廃材から製作


テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

転移
20070424081653.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO




『骨シンチグラフィ』の結果が出た様だ!


先ほど妹から電話が入った。




 私は想像すら出来なかった


  てっきり昔のバイク事故のキズだとばかり決め付けていたから


   筋肉が落ちた為ではなかった


    何で?


     離れているのにね!


      転移だそうだ・・・


       癌が足に転移


        胸から足にですよ


         勉強不足でしたよ


          ・ ・ ・



明日、担当医から父に伝える様にしたそうだ
明後日は、整形外科で詳細と方向性の話しがあるそうだ


「胸」に「心臓」にこんどは「足」ですよ
いったい どうなってるの?



父のからだは・・・

アスベストって奴は・・・



写真は父の紙粘土での作品です!



テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

見舞
IMGP0589.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO



叔父(母方長男)がお見舞いに来てくれた。

父より1歳年上の叔父は
ダンプの運転手で、今は宇都宮に単身赴任だそうだ!(家は青森)
普段の足はダンプなので電車に乗り慣れない叔父は、
保土ヶ谷の叔母夫婦に連れ添ってもらい、見舞いに来てくれた。

父は何だかいっぱい話しをしていた。
勿論、「無精髭」は綺麗に剃られていた(笑)
ベッドの上に座り・・・ホントは足が痛いのだろうに
折角、遠くから来てくれたのだからと・・・ガンバッちゃうんだね 父は!




皆さん 遠くからのお見舞いをありがとうございます!






テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

骨骨
20070423121507.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO


昨日の見舞い時に看護士さんが置いていった検査のお知らせ!

『骨シンチ』って何?


呼吸器科の看護士さんも初めて聞いた検査で
「内容が判らないよ~ぅだって!」


早速、検索してみた。


正式名称:『骨シンチグラフィ』

骨疾患診断薬の「ヒドロキシメチレンジホスホン酸テクネチウム」を注射する。
正常の集積部位として全身の骨、腎臓があり、また骨腫瘍、炎症、骨折等さまざまな骨の疾患に集積する。
740MBq静脈注射後約3時間時間以降より撮像します。
必要に応じて全身の撮影を約20分、部位については1方向5分程度かけて行います。
座布団くらいの大きさのカメラ(シンチカメラと言います)を身体表面に近づけて撮像します。

この医薬品はハイドロオキシアパタイト(Hydroxyapataite)結晶にイオン結合することにより骨、
ことに骨新生の盛んな部分に多く集まるものと考えられています。


なるほど!
『歯磨き粉』に入ってる奴ね!
何となく原理が分かったよ!!

これで足の骨に異常があれば部位が判明できるってことか。
MRIでは分からなかったからね!!


結果は如何に・・・



テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

大声
20070423124118.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO


千葉から横濱へ移動。
実家にブンちゃんを降ろして、昼に妹夫婦宅に到着。

準備をして労災病院へと


珍しく無精髭の父!
髭を剃るのも億劫になったのか、つらくてそれどころでないのか?

足の痛みは可なり抑えられているらしい。
呼吸は苦しいのかな?

明日は母方の「叔父(長男)」が来るから髭を剃らないとネ!



「青森の土地を処分する様に」、「いろいろ準備をする様に」などなど
私に話し出した。


また共用冷蔵庫の中に「沢山入れるな!」、
「何処に入ってるか判らん!」、「他のひとのものが入らないだろ!」みたいな事ばかり言ってる!!

母はここでつい言ってしまった・・・

『ほかの人がいっぱい入れてるんでしょっ』っと・・・ 
大きな声だなぁ~

えっ!っとした顔で 皆で口を押さえた(笑)

もちろん 母も失敗したぁ~ ってな顔をして!



病室の中には父以外に5人寝ている (そのご家族も…)

ははははぁ~(汗)



父は他人の心配ばかりで・・・ねェ~




写真は父の作品です!
 孫の為に作ったおもちゃです。
 他にもいっぱいあります。
 単三電池で動くゾ!!


テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

時季
IMGP0603.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO



妹から電話がきた。


今日の父の状態を教えてくれた。


実際には吐く事は無かったが、吐き気が続いたまま…
食欲は無い。っと言うか、吐く事を避ける為に食べていないのか?


足の痛みは、
痛み止めを追加したのが効いているのか?昨日よりは
良さそうに見えたと 妹

”あぐら”をかく様にしていると少し楽らしい。
眠る時もらしい。




容態は確実に悪化している…と    (見るからに…)




それは本人が一番感じているはず    (動悸、息切れ…ずっと苦しい)


『そろそろ準備しておけ』    (いろんなことをだって…)


『〇〇のホスピスはどうなった?』    (転院の手配らしい…)





自分が病人なのに、自ら次の事を心配している。
もっと自分の身体だけ心配してれば… って思っちゃうよネ!

我慢やストレスが
「心水」、「肺水」が溜まる要因にもなりえるって教えたのにさぁ…


今週末は退院する可能性は無さそうだ。
とりあえず足の「MRI」を撮って下さるとの事。
その結果で「整形外科」と連携して足の治療方向が決まる様子。


すこしは良い方向に向かってくれないかなぁ
まだ「ホスピス」じゃなくて
また在宅看護に・・・しかし




65歳 まだ早過ぎるよネ



これから本当につらい きびしい 光景を目の当りにするのでしょうが、戦います 父と一緒に!!





妹もこんな話しを報告するのは辛いだろ
ありがとネ

ホントは親の近くに住むのが孝行のひとつなのだね
感謝します 妹夫婦に



明日、朝 横濱に向かいます

明日の風は強いそうだ!



今日の電話は凹んだ
いやいや まだまだ凹んでられない


いつもながら
  纏まりのない文章だね




写真は父のベッドに上がり込んでいる甥っ子と父。
「爺ちゃんっ子」の甥っ子です!!




テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

報道
石綿被害、無料診断の対象拡大へ 手帳交付要件を緩和
2007年04月19日

 厚生労働省は18日、石綿(アスベスト)を含む製品の製造などにかかわった労働者について、離職後、エックス線検査などの健康診断を無料で年2回受けられる対象者を大幅に広げる方針を固めた。労働安全衛生法の規則を改正し、無料健診に必要な健康管理手帳の交付要件を今年度中に緩和する。石綿への暴露歴が一定期間あるだけで受診できるようにし、石綿関連疾病の早期発見につなげる考えだ。

 改正では、(1)石綿製品の製造や石綿の吹きつけなど、高濃度の石綿暴露作業に1年以上従事し、初回の暴露から10年を超えている(2)石綿を取り扱う業務に10年以上従事していた、のいずれかの要件を満たせば手帳を交付する。通常1回数千円かかるエックス線検査などの健康診断を、無料で年2回受けられる。

 手帳の交付にはこれまで、石綿による陰影や胸膜肥厚(プラーク)が胸部エックス線検査で見つかるなど、何らかの症状が現れていることが必須条件だった。しかし、石綿関連の疾患は潜伏期間が10~50年と長く手帳の交付を判断する離職時などには症状が出ていないこともあり、手帳がもらえない人も多い。

 06年末で手帳の保有者は約8800人。市民団体の「石綿対策全国連絡会議」などは「手帳の交付数はまったく不十分」として要件の緩和を訴えていた。今回の緩和に伴う対象者数の拡大について厚労省は「精査中」としているが、同連絡会議は「少なくとも数万人は増える」とみている。

 石綿による健康被害をめぐっては、患者や遺族を救済するための新法が昨年3月に施行された。しかし医療費などの支給対象は、年間1000人が死亡したとされる中皮腫や、2000人が死亡したとされる肺がんの発症者に限られており、厚労省は発症前の予防も強化すべきだとして交付条件の見直しを検討していた。


 ※ 朝日新聞より抜粋



テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

不明
父の足の痛みについて整形外科で診てもらった。

骨に異常は無いとの事。

筋肉の痛み止めを施す様である。

しかし是によって発熱する可能性があるそうだ・・・

 ・熱による苦しみ
 ・足の痛み

どっちがいいのか?
どっちも無いのが良いに決まっているが!


要因は筋肉なのか?
神経では・・・?



追記:今日は吐き気の為に食事が進まなかった様子。
   どうしたのだろうか。身体に変化?
   これは足の痛み止めを投与する以前の話しです。
    (22:10)





テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

記事
20070418221920.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO



今日の朝日新聞朝刊35面

鶴見の『朝日石綿工業㈱』に関し「石綿健康診断」のお知らせだ。

昭和50年11月以前 私も近くに住んでいた。


2.5Km圏内くらいだろうか?

微妙な距離・・・かな?



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

体重
IMGP0741.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO




発病したと思われる時期、2年前から入院する間で
体重は10Kg落ちていた。


そして、

父の体重は労災病院に入院した時
 2007年03月07日 52.0Kg

再入院時
 2007年04月15日 47.9Kg


一旦退院してから今回再入院するまでは、
体重計に乗るのが怖くて測定していなかったそうです。
体重計などで量らなくても見た目で十分に、
日に日に痩せていくのが自分で分るのだもの

中皮腫に栄養を盗られ、食欲も急激に細くなり、痩せるのは当たり前…

可能ならば、
わたしの贅肉を父に分けてあげたいと真面目に思う。





写真は、千葉⇔横濱を一緒に往復するうちの家族のブンちゃん!

最近はドライブ馴れしてしまい、揺れるベリーサ走行中でも
ご飯(牧草)を平気で食べられる様になりました。
バランス感覚に優れたウサギのブンちゃんです!
そのうちに「波乗り」だってこなせるウサギになるでしょう(笑)




 
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

報道
アスベスト被害、24人が国家賠償請求提訴 大阪・泉南
2007年04月18日10時37分

 アスベスト(石綿)による健康被害は、国が粉じん暴露の規制を怠ったためとして、大阪府南部の泉南地域に集中していた石綿工場の元従業員、元経営者、遺族の7人が18日、国を相手取り、計約2億円の支払いを求める国家賠償請求訴訟を大阪地裁に起こした。06年5月と10月に続く第3次の集団提訴で、原告数はのべ24人、請求総額は約6億8000万円となる。

 訴状によると、7人は、泉南地域や大阪府岸和田市内の石綿工場で働き、石綿肺や続発性気管支炎などと診断された。原告側は、国は戦前から泉南地域で大がかりな被害調査をし、石綿の危険性は周知の事実だったにもかかわらず、産業政策を優先して対策を怠った、と主張している。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

和穏
20070417123554.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO



今日は雨

労災病院へ行く前に「日立戸塚総合病院」に立ち寄る。
この病院のお陰で『中皮腫』の疑いがある事が判明したのだ!
残念ながら発見は遅くなってしまったが、ここに辿り着かなければ
未だに分からなかったのかな?どうなっていたのか・・・

既に書類は整っていたので、手続きは数分で完了!
しかし知らなかった。
手数料が\5,000-弱だけど必要だそうだ。
ここには一回の診察だけなのでそれ程、診察料は払っていないので
多くは戻ってこないらしい。労災が認められた時の話しだけどネ!
労災にならなければ手数料も戻ってこないので注意!!(賭けですね)

一旦、妹夫婦宅に戻ってから労災病院に出発する。




20070417123606.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO


約30分で労災病院に着く。

父は眠っていた。
心臓は落ち着いている様だ!すこし安心した。

父を起こさずにまずは、
売店で買った「おにぎり」と「サンドイッチ」を持って
ディールームで昼食を済ませる。


少ししてから父のベッドに行くと
窓の外を見る様に薄目が明いている様に見えた。

「なんだ!?」 とすこし驚いた風な父。

昨日よりは余裕がある様だ!
冗談も言うし、ちょっと笑顔も見える。
しかし、足は可なり痛いみたい。
体の向き、角度によっては痛みの少ない状態があるらしいのだが
その状態を見つけるまでが大変だ!痛いときは顔がゆがむ程の痛さ…

本当に辛そう・・・

足は、
マッサージすると気持ち痛みが和らぐ気がすると言う。
私と妻が「マッサージしようか?」と言っても断る父。

しかし母が来ると「マッサージ」してくれと言う父。
やはり母が好いのだろう(笑)

母には良く文句を言う父。
文句に付き合う母は疲れているが、父は母にしか文句は言わない。
結局、母に甘えているのだろうネ!!



15:30過ぎに担当医が来てくれた。

 ① 足の痛みを和らげる事が出来ないか?整形外科をお願いした。
 ② 週一の外来を週二など、延ばせないかお願いした。
 ③ 循環器科が無いホスピスに入った場合、
   水を抜く手術を労災病院で対応して欲しいとお願いした。

③は、循環器科が無いホスピスに入る事になったら再度相談に
 のって頂ける事になった!

①,②はその方向で動いて頂けそうだ!!


やっぱり話してみなければ何が出来るのか分からない。
なんでも聞いてみて、希望が叶うのか尋ねてみるべきなのだ。
しかしそれも知恵がなければ発想さえ出ないものである。
とくに行き詰った時などは全くだ。
その為にも情報収集は必要なのだ!!特に今回の父に対しては実感した。

本やネットでは駄目!
もちろん事前調査には有効だけど最後には人対人で面等向かって
教えて頂くのが一番だと思った。
人間、気持ちや感情があるからね。

ホスピス外来、セカンドオピニオンは行って間違いない。
何らかの収穫は得られる!




少しでも和らぐと好いね!!



母と妹と姪っ子を戸塚に送り届けて
実家でお留守番をしているブンちゃんをお迎えに行って
ベリーサで千葉に帰ろう


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

動悸
20070417123202.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO



昨日の土曜日は久々に自宅(千葉)にてゆっくりと過ごした。
床屋にも行ってきた。頭はさっぱりと短くした。

そして今日は、妻のお母さんが
父のお見舞いに行きたいと言っていたので横濱に行く準備をする。

妹に妻が電話した。

妻: 「母(妻の)がお父さんのお見舞いに行きたいと言って・・・」
妹: 「大丈夫だよ!・・・」

早速、準備!準備!!
1時間ほど経過しただろうか?

電話が鳴る!!

それは妹からだった!!

妹: 「お父さんの脈拍が上がってきてるから、お見舞いは別の日に出来る?」

私: 「それは大丈夫だけど、脈拍が上がったって?」

妹: 「すこし時間をおいて様子を見てみる。」

私: 「うん・・・」

電話を切る



さらに10分後
電話が鳴る!!

妹からだった!!

妹: 「これから救急車で病院に行くね」
   「病院に電話したら救急車で来てって言われた!」
   「『じいちゃん』と『ばあちゃん』を先に救急車で行って、
    ママたちはタクシーで行くから」

私: 「分った!こっち(千葉)はこれから横濱に向かうよ!」
   「労災病院だよね!!」

妹: 「うん!」




自宅(千葉)⇒実家(東戸塚)

 東戸塚まで
 1時間30分位。比較的道路は空いていた。
 ※途中、実家に立寄り、ブンちゃんを降ろした。
 労災病院到着まで約2時間弱。



父は「点滴」を打って脈拍を下げて落ちついていた。
レントゲンを観ると水は溜まっていないとの話し。
とりあえず労災病院はお休みの日。明日まで様子をみる事となった。
    ・
    ・
    ・
    ・

ちょっと、いや可也焦った日だった(汗)

    ・
    ・
    ・
    ・
明日は普通の月曜日。
仕事だけど心配だからと妻にも言われ、横濱に一泊する事とする。
『後で後悔はしたくない』
心配しながら仕事など出来やしないだろう。

「ホスピス(衣笠病院)」と
「セカンド・オピニオン(ひらの亀戸ひまわり診療所)」に行って
是非、先生(担当医)に聞いて欲しい話しも有るし要望も有る、ちょうど良いだろう!このタイミング!!




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

報道
アスベストの健康被害基金 港湾業界が1億円拠出
2007年04月14日06時47分

 港湾運輸の業界団体と港湾労働者でつくる労働組合は13日、アスベスト(石綿)による健康被害の対策基金をつくることで合意した。労組側が春闘で要求していたもので、業界側が1億円を拠出する。石綿の健康被害で、業界側が独自の基金を設立するのは珍しい。

 全国港湾労働組合協議会(約3万人)と全日本港湾運輸労働組合同盟(約3300人)が、資金力のない中小企業も多く、健康診断も十分行われていないなどとして、今年の春闘で基金設立を求めた。船で輸入された石綿の荷揚げ作業などにかかわった被災者が、確認できただけでも10人近くいるという。

 倉庫会社や運輸会社でつくる「日本港運協会」は、1億円を拠出して健康対策に使う基金を設立すると回答。健康診断費用や補償金など、具体的な使い道は労使で今後決める、という。

 全国港湾労組は「労働者は取り扱う荷物を自分で選べず、知らないうちに石綿を吸っていた。被害規模に応じて基金の規模も増やしてもらいたい」としている。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

方向
20070414181810.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO


昨日に引き続き今日も会社を休んだ。
今日は『セカンド・オピニオン』である。

本当は順番的にここを先に受けたかったのだけど、
世の中そんなに上手くは進まない。

場所は亀戸にある『ひらの亀戸ひまわり診療所』
復活した妻と私、そして妹と亀戸の駅で合流。


私が父が病気になって一番最初に知った病院で、
アスベスト、中皮腫で検索すると即ヒットする診療所です。
それだけ「アスベスト」関連に明るい医師がいるのです。

今回お世話になったのは「名取医師」です。
労災適用から外された人を後に、アスベストの影響で発症した事を証明し労災認定させた実績がある医師です。
印象は只のその辺にいるオジサン!(失礼します)
『そうなんだ!そうなんだ!』と連呼し資料を確認していく。

父の過去から現状までの話しを聞いて貰い、
労災病院の判断、現在の方法、今後の方向性などをご教授頂いた。


結構、厳しい話しも出たが先生からは今の私達には適切な回答!
お陰で今後の方向性が定まってきた。

まず父の様態は想いのほか良くない。
もともと「悪性胸膜中皮腫 ステージⅢ」な訳だから、
通常の癌のステージⅢより悪く先は短いのは本人も承知ではある。

労災病院の医師は最初に言っていた。
『まだ普通の癌の方が始末が良かった』

癌のステージⅢなら治癒する可能性がまだまだあるのだ。


≪入院直後の事≫
  父の場合、肺膜と心膜の間に水が溜まってしまい、
  心臓を押し潰す形になり心拍数が上がった。
  そして可なり苦しく、怖い思いを入院直後に体験した。
  急遽、病院も休みの日曜日に緊急手術を行った。
  水は大きく3つに分けられる。

   ①透明な水 ②赤み掛かった水 ③赤い水

  父から抜いたその水は赤かった。血液が多く含まれていたのです。
  抜いて父は楽になり体調はある程度復帰した。
  水は再び溜まってくる可能性があります。(実際溜まりだしている)
  しかし何度も抜くのは難しい事だと聞いている。
  場所によっては水を抜く為のチューブを刺せない場合もある。

ここに来たひとつの目的に
「亡くなる直前まで安らかに『在宅』で過ごす」方法を知る為!
しかしそれは『無理』である事が明らかにされた。

昨日も衣笠病院のホスピスでも聞かされたが
 『心臓に係わる手術だから難しい事』。
 そして『何度も抜くのは難しい事』。
 『場所によっては水を抜く為のチューブを刺せない場合もある事』。
 衣笠病院では出来ない事。(先に外来受けた横浜甦生病院も同じ)
 よって最後は「睡眠薬」で眠らせて痛みを感じさせない様にする。

だから
 在宅で亡くなる直前まで安らかに過ごすのには『無理』があるのです。
 最後は痛みを感じさせない様に「睡眠薬」で眠らせる事になるのです。
 「睡眠薬」を使わないと苦しみが長く続き、凄まじい光景が予測されるのです。
 自宅ではこんな事やっぱり無理でしょうね。

「睡眠薬」を使うときは、本人と家族の判断が必要となる。
それがいつかはまだ分らないが、そう遠く無い先の事。

一体どの様な形で進むのだろうか?

どの様に父に告げる?「睡眠薬」の事。


たぶん父からだろう…
義理の弟のお母様が亡くなる前日に
「睡眠薬」を投与した事は知っているのだから。




「悪性胸膜中皮腫」で心臓まで影響する事は稀であるそうです。
父の場合、悪いくじを引いてしまった様なものだそうです。

心臓に影響がなければ殆どの場合、在宅で最後を見とどける事は可能だそうです。
その場合は亡くなる直前まで普通に会話している事が多く、前触れも無く「フッ」と逝くそうです。

父は是とは異なる…



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

我慢
20070414181654.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO


今日は『衣笠病院のホスピス』への外来でした。
前回は妹だけだったもので私としては初めてのホスピスとなります。

妻が体調を崩したので
念の為に妻とベリーサを千葉に残し横濱に向かう。
東戸塚の実家へ寄り、父の"Rosso"を駆る事にする。
(電車使用で2時間の道のり)

"Rosso"に乗り込むと
車内には父の汚れた「作業服」や「靴」が残されていた。
そうなのだ!入院する前日までこの車で大工仕事に行ってたのだから。


戸塚で妹を乗せて「横浜横須賀道路」に載る。
安全運転(80Km/h)で走って病院まで30分程度。
しかし流石に高いゼ「横横の高速料金」!
日野ICから衣笠IC間で¥800-だものね!!


「衣笠病院」に到着!
古そうだけど比較的敷地は広く建物も大きめ。
線路をくぐると商店街で賑わう。

ここは病棟とは別棟でホスピスが独立した棟となる。
キリスト教系の病院で小さな教会が併設する。
この小さな教会には人の出入りが多い。
扉の周辺には人が集う。子供も集う。

ホスピス院内は明るく広々として温かい雰囲気がする。
そこで働く人々も明るい雰囲気を醸し出している。
死が近い人々が戦っているなどとは感じさせない。
可なり私の中でホスピスのイメージが変わった。


ホスピスの外来とは?
ホスピスでその患者を受け入れる事が可能かを審査する為の面接です。
もちろん治療をしていた病院の紹介状が必要です。
紹介状には今まで行った治療法、クスリ、状態、状況が記載されて
レントゲン、MRIデータが記録された「CD-ROM」が添付される。

他に事前アンケートを書く。
 ・内容はホスピスの目的の確認。
 ・本人に告知しているか?
 ・ホスピスへ本人が入りたいのか?などなど。


≪外来(面接)にて≫
 レントゲンから医者が心水と胸水が溜まってきていると言う。
 あれ?話しが違う!このレントゲンは先週のもの。
 その時点では問題にならない程度と聞いたはず。
 どこかで話が「変換」された様子。
 父と母が医者の話をキチンと理解しなかった可能性が高い!
  私と妹の見解である。

 すでに労災認定されたと勝手に思い込んでいた夫婦。
  だからあり得るでしょ~ね「変換」
   (そんなに短期で認定されないのだよ)

     次回の通院では医師からの話しを、妹にも聞いてもらお~ぅ。
      妹よ「世話掛けるネ」頼む。


ここでの収穫!

1.ここでは「心水」を抜くことが出来ない。
  この事は既に知っていた。
  循環器科が無いからである。
  心臓に係わる手術だから難しい事を再確認した。

2.『我慢は悪化の元である』
  父は痛み止めに「モルヒネ」を使用している。…が
  麻薬、モルヒネは身体に良くないものと考えている父。
  よってモルヒネを服用する回数を抑えて痛みを我慢する父。

  これは「マイナス行動」なのでした!!

  我慢=ストレス

『ホスピスに入る事』により
 こんな事もあるそうだ。

  告知余命より延命。
  病状が緩和した。
  一時退院した。


余計な心配・ストレスなどが取除かれた効果なのだそうです!!
 ※ 皆に当て嵌まるものではありません。状況は人それぞれです。
    期待しないで下さい。これは一部の人、稀なものと考えて下さい。




とりあえず、
 妹夫婦宅に帰り、父に言った。

  『ストレスは身体に悪いって言ってたよ!』
  『痛みを我慢するのもストレスだからね!』
  『麻薬を我慢するのは、身体に悪いんだってさぁ』




父の足が左右の太さが異なってきた。
昔、バイクの事故で負傷した右足が左足と比較すると細い。
触るとほとんど皮と骨。
足の痛みはかなり引いた。(全く痛みは無い訳ではない様だ)
モルヒネの「強さ」を上げたから。

今後も段々と強さを上げて事になるでしょうね。
 ここは専門家(医師)の「サジ加減」頼み。


さあ!千葉へ帰るゾ!!
慣れない電車と徒歩は疲れるなぁ~





『結核性胸膜炎 31才にて入院経歴あり。』
  この経歴はアスベストの影響を受け易いのか?
  現在の医学では関連性は不明。



※ 上記写真の花は、主が居なくても咲いていた花です。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

寝眠
20070411231442.jpg
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO


今日の通院は
妹、曰く なんとか大丈夫だったそうです!

「なんとか」ってところが
多くの人が通院する、それとは異なるのだと感じてしまう。

  ・マンションの部屋から外へ
  ・タクシーを待つ時間
  ・タクシーで移動する時間
  ・タクシーから降りて病院の受付へ
  ・病院での待ち時間
  ・酸素ボンベの交換
  ・レントゲン撮影
  ・診察までの待ち時間
  ・薬局への道のり
  ・クスリが出るまでの待ち時間
  ・帰宅時のタクシーでの移動
  ・マンションの部屋まで
  ・この間にトイレ etc

ほかにも私が思いつかない過程がたぶんあるでしょう


父は足が痛くて歩くのが可なり厳しい・・・と
『車椅子』も借りる事となった。

歩くことが極端に無くなったので筋肉が衰えた。
筋肉が衰えた事から、事故の古傷へ負担が掛かり
痛みとなって現れたのか?

人間の身体は使わないと急激に衰えるのを父を見て知った。



片肺だと運動能力は半分以下になってしまう様だ!
歩く自体が大変なのだ!酸素が足りないから直ぐ息が切れる。
心拍数が上がる。


母が言っていたそうだ。
父の「黒目」が何だか白くなってきた・・・と
私には父が入院した時点で瞳の色は薄く見えていた。

妹が言っていた。
父が眠る時間が増えてきた・・・と
「モルヒネ」の影響で最初の一週間はその様な事があるそうだが、
父は「モルヒネ」を使用してから一週間以上経過している。

妹の旦那のお母様も、亡くなる前には眠る時間が多くなったと。


さあ!
何とか!
父が痛みから、苦しみから、解放された時間を多く長くなる様に!
楽しい、有意義な時間を過ごさせたい。限りある短い時間の中で!
本当のところどうすればいいのか分らないけど。
少しでも不安を取り除けたらと考え動く事しか、私にはできない。
少しでも笑顔がふやせたら!


写真は父が普段使っている
帝人株式会社の『酸素濃縮器 ハイサンソ TO-90-5E』です。
家庭内で酸素吸入を行う(=在宅酸素療法)ための装置です。吸着型酸素濃縮器というのは、空気の成分の8割近くを占める窒素をゼオライトという吸着剤に吸着させて、酸素を高い濃度で含んだ空気を作り出す機械のことです。


父にはこの機械が生きる為の大切なパートナーなのです。







テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

報道
子供時代に石綿吸引、中皮腫で死亡女性の遺族が国を提訴
2007年04月11日

 兵庫県尼崎市のアスベスト(石綿)建材会社の工場隣に住み、悪性胸膜中皮腫で05年に亡くなった女性(当時45)の遺族3人が、女性が死亡したのは国が石綿の危険性を認識しながら対策を怠ったことが原因として、国に約7300万円の損害賠償を求める訴訟を5月上旬、神戸地裁に起こす。


テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体



All Contents (Number)

【ここをクリックにて全タイトルを表示】



当ブログはリンクフリーです♪

ご報告いただければコチラからも伺います ♪♪このブログをリンクに追加する♪♪

突進うさぎ usagifanimation7



Multi Access Counter



Online Counter

現在の閲覧者数

いらっしゃいませ♪                 いつもありがとうございます



Twitter



Profile

REDBALL

Author:REDBALL
突進うさぎ
=============================
「酒は人生のスパイス」
 ココは
  「もぐり呑み屋」
     場所は秘密!


   どうです?

  今日の特別な一杯、
    貴方も一緒に
      呑みませんか!


 店主は本ブログの管理人

       2007年 1月31日
ティモテうさぎ
=============================

●撮影機材●
・PENTAX K10D
・PENTAX K-5
・Takumar 50mm f1.4
・DA18-55mmF3.5-5.6ALII
・AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
・APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
・AC CLOSE-UP LENS No.3, 5, 10
・AF 15mm/f2.8EX FISHEYE
・TELE PLUS 1.5×
・Reverse Adapter
・Xacti DMX-C5
・RICOH CX1
・FOVEON (DP2s)
・OLYMPUS F280
・SA001
・SLIK カーボン 813 EX
・DIGI BORG 71FL 400mm×1.4 フローライト
・71FL 400mm×F AFアダプター1.7X
・虫の眼レンズ RB-Original Version Rev.x
=============================
=============================
♪REDBALLのお薦めスポット紹介です♪
↓↓↓↓
おすすめスポットバナー

食ううさぎ
=============================

寝転ぶうさぎ
下記バナーをクリックすると
『アスベスト・悪性胸膜中皮腫と戦う』
関連カテゴリのみを抽出します。
↓↓↓↓

悪性胸膜中皮腫と戦うカテゴリのみ抽出します

↑↑↑↑
私の父は、2007年5月4日に
『悪性胸膜中皮腫』で亡くなりました。

「型枠大工」を一生の仕事とし、
仕事中に「アスベスト」吸い込んだ様です。

2年前に背中が痛くて病院で
「肋間神経痛」と診断される。
それから2年が経過した今年、
実は『悪性胸膜中皮腫』と判明。
即、入院して2ヶ月後には…

発症時期は、
背中が痛いと感じた2年前とされる。
「アスベスト」を吸い込んだのは
遡って推定で30年位前であろう。

「アスベスト」は怖い物質です。
自覚症状が出た時には遅いのです。
悲しい事にこれから発症数は
増加の一途です。

同じ戦いをする方々、
そしてご家族にお役に立てばと思い、
父と家族の戦いをここに記します。

       2007年 8月30日

戦いはここから始まった・・・
先頭から読むならこちらをクリック!
↓↓↓↓
戦いはここから始まった・・・

=============================
跳ねうさぎ



Calendar


10 ≪ 2017/1112
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

©Plug-in by ASIA SEASON



Recent Article



Recent Comment mini



Favorite-Tree Rink

面白~い、楽しいとか思った皆様のサイトを「勝手にリンク!」していることがありますが、 スミマセン甘~い 目で許してネ! m(v_v)m                                   福助福助福助福助福助福助  ♪♪♪ 当ブログは リンクフリーです ♪♪♪

   ♪当ブログはリンクフリーです♪         ご報告いただければコチラからも伺います ♪♪♪このブログをリンクに追加する♪♪



Article Category



Recent Track back



REDBALLにメールする

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



RSSフィード



BLUR☆STAR



金魚♪

??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??



A mouse groupie(A star)

-Ma vie-



pictlayer





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。