Speak-Easy
「うさぎと暮らす」「写真ブログ」「ポタリング」「ママチャリで0泊!房総半島一周」                                SUB Title: アスベスト・悪性中皮腫 『私と家族のメモリーとして、同じ戦いをする人達に捧ぐ為に』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境暴露

奈良県が建材メーカー「ニチアス」の周辺住民を対象に「健康リスク調査」を行い、
受診者358人中98人に、「胸膜プラーク(胸膜肥厚斑)」が確認された。
 ※「胸膜プラーク」はアスベスト(石綿)を吸引した人にみられる病状。

98人のうち37人は、本人及び家族がアスベストに関係する職業ではなく、
日常生活の中でアスベストの飛散にさらされた『環境暴露』の可能性が高いと考えられる。


職業上、アスベストにさらされて胸膜プラークなど発症した人たちには健康管理手帳が配布され、
健康診断を定期的に受ける事ができるし、労災の適用もありえる。
しかし『環境暴露』の様に、職業歴の無い人に対して救済するシステムが無い。
国はシステム作りを急ぐ必要がある。

『環境暴露』を、証明するのには企業の協力が欠かせない。
企業は事実を隠さず認め、発症者の救済に努めるべきと思う。
勿論、国も同じ!!
個人でがんばっても、証明するのには膨大な時間とお金も必要でしょう。
時間がないのだ!

治療、緩和には費用が掛かる。
国からの救済なしでは、とても個人で負担するのは大変な事。


泣き寝入りなど決してあってはいけないと思う。



テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

「悪性胸膜中皮腫」CT・MRI 画像集
CT-1



アスベストにより「悪性胸膜中皮腫」を発症し、亡くなる約2ヶ月前のレントゲン写真です。



「MRI 画像」は以下より入って下さい。
  ↓↓↓↓↓
  ≪ このエントリーには続きがあります... ≫  

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

的確な中皮腫の判断手段
 『可なり気になっていた記事』で書いた『「中皮腫」15%誤診の可能性 アスベスト死亡調査』。

内容は、
中皮腫は診断が難しい病気とされている現在、「医師の知識不足」、「不十分な検査」から、
検査が不十分なまま約15%が中皮腫と診断されていたとの記事でしたが、
タイムリーな事に中皮腫を診断するのに有力な手段となり得る手がかりが
岡山労災病院(岡山市)呼吸器科の藤本伸一医師らにより確認されたそうです。
診断の有力な手がかりになり早期診断法の開発につながると期待される。
(米癌学会(サンディエゴ)で14日発表)

癌患者では、癌抑制遺伝子にメチル基が結合する「メチル化反応」が起こる事に注目。
胸水症状を示す4種の病気について、2種の癌抑制遺伝子のメチル化反応を調査。

アスベストとは関係ない「結核性胸膜炎」ではメチル化反応は無く、
アスベスト吸引が原因とされる「良性石綿胸水」と「中皮腫」ではメチル化反応が確認された。
「肺癌」ではメチル化反応の頻度が高く、中皮腫と区別出来ると考えられる。

今後の研究課題とされるのは、
他の癌抑制遺伝子も調査し、4種の病気を区別出来る様に進行される。


 ※ メチル化反応 ←クリック

 ※ 4種の病気 : 「肺癌」 「結核性胸膜炎」 「良性石綿胸水」 「中皮腫」





テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

可なり気になっていた記事
4月6日に各社から配信された記事です。
以下はその中から代表で「 産経新聞 」殿より抜粋させて頂いた記事です。
進展を伺っていたのですが、とりあえず記録として書いておきます。


-----------------------------------------------------------------------------------------
「中皮腫」15%誤診の可能性 アスベスト死亡調査


アスベスト(石綿)の吸引が発症原因とされるがんの一種「中皮腫」で死亡した全国の患者のうち、
約15%は死因が中皮腫でなく誤診だった可能性があることが、岡山労災病院の岸本卓巳副院長らの
グループの研究で分かった。中皮腫は診断が難しい病気とされるが、ほとんどは医師の知識不足が原因。
誤診の場合、本来は必要のない劇薬治療や投薬代で患者に大きな負担を強いた可能性がある。
国の救済金(弔慰金)支給制度に混乱を与える可能性もあり、診断技術の向上が急務の課題として
浮かび上がった。

研究では、平成15~17年の間、死因が中皮腫となっている全国の死亡届約400人分を再調査。
遺族の許可を得てカルテやエックス線の記録を調べたところ、約15%に当たる約60人が検査が
不十分なまま中皮腫と診断されていた。検査のための細胞を採取する個所が不適切だったり、
レントゲンを読み間違えるなど、医師の中皮腫に対する知識不足が原因のケースがほとんど。
こうした不十分な検査では、中皮腫と特定することはできず、病名も別のがんで、
石綿とは無関係だった可能性があるという。

研究に参加した広島大大学院の井内康輝教授(病理学)によると、がんにかかわる診断での誤診は
通常、数%程度。中には、肺に水がたまっているだけで中皮腫と診断された例もあったといい、
井内教授は「水を抜いた後の肺から細胞を採取すれば適切な診断ができるが、
担当医師がそれを知らなかったのだろう」としている。
-----------------------------------------------------------------------------------------

まだまだ色々な事が判っていない病気ではありますが、
診断が患者当事者、家族、会社、社会などに大きな影響を与える事柄です。
新たな知識を日々勉強し実践する事が必要な医者の皆様には、とても大変であると想像されますが、
出来る限り正しいご判断(診断)を是非にお願い致します。




テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

あれからいちねんたちました
父 納骨 一周忌
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO



正確には、5月4日ではありますが、アスベストにより悪性胸膜中皮腫の為に亡くなった
父の一周忌法要を、納骨を含めて営みました。

家は寂しくなりますが、致し方ありません。

しかし一年って早いものです。


14人での法要には、
父の兄弟(長男・次男・末)が青森からも
みんな年齢的に今回を逃すともう2度と横濱まで来るのは難しい可能性もあるからと
忙しいなか、足を運んで下さいました。
ありがたいことです。


納骨時には、天気にもかかわらず雨粒が・・・狐の嫁入り?

まあ!ちょっと変な天気ではありましたが。
大雨でびちょびちょになる事が無くて幸いでした。

風で父の遺影が倒れたのにはビックリでしたが、もともと予測できた出来事!!
椅子の上に遺影を置くのは止めていればよかったなぁ・・・




テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

石綿新法改正へ、与党が方針決定
アスベスト(石綿)が原因で病気になった患者や遺族の新たな救済策を検討している自民、公明両党の
プロジェクトチームは16日、都内で会合を開き、「石綿健康被害救済法(石綿新法)」を改正することを
正式に決めた。

同法では死後に解剖などで石綿が原因の病気だったと判明した場合、救済対象とならないが、
『初診日にさかのぼって医療費の自己負担分や療養手当を遺族が受けとる方向』で検討する。

2008年4月17日 読売新聞 抜粋



テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

これまた初認定!!
京急元社員男性(87)にアスベストによる労災認定がおりたという記事を見ました。

この男性は京急バスの整備工として働き、職務中にアスベストを吸引されたと。
京急としてはアスベストによる労災認定を受けたのはこの件が初めてと同社の発表。


男性は1937年に入社。
1961年頃まで、アスベストを含む「耐熱材」や「ブレーキパッド」を扱う作業に従事。
1977年に定年退職。

たぶん他にもアスベストで亡くなった方が居たと想像できますネ
京急はバスだけでは無く、電車もありますし、電車の耐熱材もブレーキパッドも
同じ様な素材を使用していたでしょうから京急内で、更にアスベストによる
労災認定は増えると思います。   ※ 京急に限った事ではありません

なにも知らずに亡くなるよりは、残される家族の為にも認定されるといいですネ

ここまで読んでいただければピン!っときた方もいるのではないでしょうか!

交通量の多い幹線道路や線路脇に長年住まわれていた場合、
やはりアスベストによる影響を受ける事は少なくないと思います。
しかしこれは昔の事ですからネ


最近の「耐熱材」、「ブレーキパッド」はアスベストレスですから!!今は大丈夫ですョ



テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

例外的アスベスト使用認定製品
アスベスト製品、完全禁止決める 厚労省



 厚生労働省は9日、アスベスト(石綿)の使用が例外的に認められている5製品について、
11年度をめどに使用を順次禁止することを決めた。
同日開いた有識者検討会で、残る石綿製品の代替品開発の見通しがついたことが確認された。
これで国内での石綿の使用は完全に禁止される。

 石綿には発がん性があるため、使用や製造は06年9月に原則禁止された。
ただし、化学工業や鉄鋼業のプラントで配管接続部に用いられる「シール材」などについては、
耐熱・耐酸性などの面から代替品の確保が難しく、例外的に使用が認められてきた。

 厚労省によると、現在の石綿使用量は02年度比で0.4%以下。
完全禁止に向け昨年11月から検討会で議論してきた。

 石綿は過去に計1千万トンが輸入され、うち9割が建材向けとされる。
建物の解体のピークはこれからで、同省は解体時にさらされない方法を定めた石綿障害予防規則の
充実に向けた検討も進めている。

朝日新聞 2008年04月09日 抜粋



知りませんでした。
例外的に認められていて使用されている製品があるなんて!
事実上完全に使用禁止となるのは3年後って事なのですね。

今後の問題は、
やはり建物解体による被害者が全くでない事!!ですね


テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

ベビーパウダーと中皮腫?
湿地 春 花
DA18-55mmF3.5-5.6ALII



ベビーパウダー:石綿混入し中皮腫…足立労基署が労災認定

 職場でアスベスト(石綿)が混入したベビーパウダーを吸い込み、
中皮腫を発症して死亡した東京都内の男性(当時36歳)に対し、
足立労働基準監督署が先月、労災認定していたことが分かった。
ベビーパウダーの石綿による健康被害で労災認定したのは全国初という。

 関係者によると、男性は72~81年まで、足立区内の精密部品会社に勤務。
腕時計の部品に用いる工業用宝石を加工する際、日常的に石綿入りのベビーパウダーを使用していた。
90年に受けた人間ドックで中皮腫が分かり、93年に死亡した。

 男性の遺族は、05年に兵庫県尼崎市のクボタ旧神崎工場周辺で石綿による住民の健康被害が
発覚したのを機に、翌06年3月、三鷹労基署に労災を申請。認定されなかったため、東京労働局に
不服を申し立て、足立労基署に再度申請していた。

 石綿含有のベビーパウダーは87年に社会問題になり、厚生労働省(旧厚生省)は同年、石綿が混入した
パウダーの原材料(タルク)使用を禁止している。【真野森作、夫彰子】

毎日新聞 2008年4月9日 11時27分(最終更新 4月9日 11時58分)抜粋


やっと労災認定されましたね!
ここまで辿り着くのは並大抵の事ではなかったと想像できます。
これが実績となり、他の発症者の方々を救う切っ掛けになるのだと思います。
可能性があるのならば、簡単ではありませんが「労災申請」する事は人の為にもなるのです。






テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

医者が足りない・・・
国立がんセンターで麻酔医退職相次ぐ 手術も制限


 日本で最大級のがん治療施設である国立がんセンター中央病院(東京都中央区、土屋了介院長)で、
常勤の麻酔医10人のうち、5人が昨年末から今年3月にかけて相次いで退職し、手術件数を2割減らす
事態に陥っている。
全国的な麻酔医不足の波に、がん医療の先端を担う中核病院ものみ込まれたかっこうだ。

 中央病院は、1日当たり約20件だった手術を、3月から15件に減らした。
院内に張り紙で手術件数の制限について患者に周知。
「(手術を)特に急ぐ必要のある方には都内、あるいは自宅の地域の病院を紹介します」と理解を
呼びかけている。

 中央病院によると、退職医師の多くは、給与など待遇の良い医療機関に転籍した。
中央病院医師は国家公務員で、30代の中堅で年収700万~800万円ほど。
1千万円を超えることの多い民間病院と比べて低く、待遇の改善を求めたとみられる。
また、関係者によると、技術を向上したいという麻酔医らの要望に、中央病院の手術内容では
応えられないという不満も出ていたという。

 日本麻酔科学会が05年にまとめた提言では、全国にある1万の病院のうち4千施設が全身麻酔を実施。
だが、麻酔医が所属する同学会員が常勤している施設は約2千にとどまっており、手術の安全が懸念されると
指摘している。

 全身麻酔による手術件数は年々増えているほか、
がん患者らの痛みをコントロールする緩和ケアやペインクリニックも広がっている。
手術以外での麻酔医の需要も不足に拍車をかけているとみられる。


アサヒ・コムトップ 2008年04月03日11時49分 抜粋






「ペインクリニック」は様々な痛みをいろいろな方法で治療するクリニック。

「緩和ケア」と「ホスピス」は同じもの。呼び方だけの違い。
簡単に内容としては、
「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、
身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな (霊的な、魂の)問題に関してきちんとした
評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、
クオリティー・オブ・ライフ(生活の質、生命の質)を改善するためのアプローチである。」

日本ホスピス緩和ケア協会ホームページに書かれています。

「緩和ケア(ホスピス)」が増えている事は望ましいのですが、
痛みを和らげるには、『麻酔医』が欠かせません。
麻酔医が不足する事は大変な問題です。

実際、不足しているのは麻酔医だけではないのです。
医者という医者が足りないのです。
困ったものです。

私が診て貰ってるお医者さんはいつも白い顔して、私より患者らしい風貌。
病院には遅刻してくる事も2度目・・・
前日から殆ど徹夜で、電車に乗ったのは良いが、乗り過ごして1時間半の遅刻・・・
医者も患者も大変です。



電球
DA18-55mmF3.5-5.6ALII


テーマ:薬・医者・病院等 - ジャンル:心と身体

アスベスト:旧朝日石綿、被害住民に補償金 中皮腫死亡の72歳--横浜工場
横浜市鶴見区の元アスベスト(石綿)建材メーカー、エーアンドエーマテリアル社(旧朝日石綿)は24日、
89年に石綿関連がんの中皮腫で死亡した住民の原田サワ子さん(当時72歳)の遺族に補償金2700万円を支払うことを決めた。石綿病変が多発し、昨年8月に環境省の「健康リスク調査」対象地域となった鶴見区で、初めて被害住民への企業補償が実現する。

 旧朝日石綿の横浜工場は1924年に現在のJR鶴見駅東で操業を始め、75年まで石綿建材を
製造していた。原田さんは戦前から約50年間、周辺に住んでいた。遺族の補償の求めに会社側は
「工場から飛散した石綿粉じんを吸った可能性がある」と認め、1月に補償金1400万円、
2月に同2500万円を提示していた。

 会社側によると、住民の健康診断で、36人が石綿を吸引した「胸膜肥厚斑」(プラーク)と判定されている。
【網谷利一郎】

毎日新聞 2008年3月24日 東京夕刊 抜粋



この場所は鶴見駅近隣であり、アスベストを吸引した人は可なり多いと思います。
わたしも幼少時にはここに近いところに住んでいた事がありました。
海沿いには工業地帯があり、空はくすんでいた記憶があります。
実際に、今では土壌汚染もあり一部立入り禁止区域も存在します。
幼少時に遊んだ公園には柵がされており、悲しい気持ちになりました。



湿地 春 赤い花
DA18-55mmF3.5-5.6ALII

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

環境省、石綿被害遺族の救済徹底へ 新法基づき個別連絡
アスベスト(石綿)による健康被害で亡くなった従業員や住民の遺族の救済を進めるため、
環境省は、中皮腫による死者の遺族に個別に連絡を取り、石綿健康被害救済法(石綿新法)や労災補償に
基づく救済手続きを取るよう促す方針を固めた。石綿新法による救済措置が来年3月に期限切れになるのを控え、救済の徹底をめざす。

 厚生労働省など関係省庁、自治体と具体的な方法を調整中で、新年度の早い時期から始める考えだ。

 石綿新法では来年3月27日までの措置として、(1)法施行前の周辺住民の死者の遺族に弔慰金など
約300万円を支給する(2)01年3月より前に死亡した従業員の遺族に労災申請の5年の時効を適用せず、特別遺族年金(年間240万~330万円)などを支給する。

 だが、石綿との関連が強い中皮腫に限っても、石綿対策全国連絡会議が66~06年度の死者を
約1万2000人と試算しているのに対し、石綿新法か労災の救済対象は生存者を含めて約4700人に
とどまり、市民団体などが救済漏れを指摘していた。

 このため、環境省は遺族に救済制度を直接伝える方法を検討。国の人口動態統計は95年から、
死因として中皮腫を区別しており、保健所で保存している統計の個票をもとに、自治体を通じて
遺族に連絡することにした。

 統計で判明する可能性がある95~06年の中皮腫による死者数は、約9000人。
ただし、政令が定める個票の保存期間は3年間。3年以上保存している自治体もあるが、
どこまでたどれるかは不透明だ。
また、06年3月の石綿新法施行後に死亡した住民の遺族は、
生前に申請していなければ救済対象とならず、課題も残る。




2008年03月30日03時02分 朝日新聞 抜粋

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

大田区の石綿工場跡地周辺、新たに45人の健康被害を確認
東京都大田区でアスベスト(石綿)関連製品を製造していた「ミヤデラ」(本社・品川区)大森工場の
跡地周辺の住民が中皮腫(しゅ)などを発症していた問題で、区は29日、新たに50~80歳代の
男女45人に石綿による健康被害を確認したと発表した。

 区では、少なくとも10人は大気中の石綿飛散により被害を受けたとみている。
いずれも中皮腫などは発症していなかった。

 同区では昨年12月、工場跡地周辺の住民らが石綿が原因で健康被害を受けていたことが発覚。
9人が胸水(きょうすい)を引き起こすなどし、うち1人は死亡していた。このため、区では同工場跡地の
半径1キロに住む住民や元住民を対象に無料検診を実施し、916人が受診した。

 新たに被害が発覚した45人のうち3人は、工場の元社員で、29人は社員の家族など。 ←クリック
また3人は子どものころ敷地内で遊んでいたが、10人は敷地内に入ったことがなかった。
区は今後、被害者への対応策や被害の発生状況を調査する。

 ミヤデラの宮寺力也社長は「区から説明を受けた後に対応を決めたい」としている。

2008年3月29日19時40分 読売新聞 抜粋



間接的に家族が発症するケースも増えている様子です。

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

もうすぐ
もうすぐ一周忌
DA18-55mmF3.5-5.6ALII


来月は父の納骨と一周忌法要です。

この土日は横濱に帰って準備をしてきました。

青森から叔父達も来てくれるそうです。
歳なので、これを逃したら父の墓参りは来れないだろうと・・・


レンタカーを予約しました。
これは問題なく簡単!!

納骨と法要のあとのお食事場所。
これが考えていた様には簡単じゃなかった(汗)

次々次と玉砕・・・
結構既に予約でいっぱい(涙)・・・なんで?


母の記憶からなんとか蟹料理店に行き着く。
予約の序でに蟹料理を母にご馳走になりました。

蟹は父の好物!!

私はそんなに蟹は好きではありません・・・でした。
今日までは!

嫌いなワケではないのですが、
ボイルした蟹を剥いてまで食べるのが面倒で、誰かが剥いてくれれば食べる程度!
ワザワザ自分から剥いて食べるなんて事はしません。

しかし、刺身や殻焼き、しゃぶしゃぶは旨いのだった(笑)


外食が好きではなかった父。
父にも食べさせてあげたかった。


テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

アスベスト大気調査、環境省は1種だけで「問題なし」
環境省が発がん性の高いアスベスト(石綿)の飛散状況を監視するために全国で行っている大気調査で、
6種類あるアスベストのうち白石綿しか調べずに「問題なし」と公表していたことがわかった。

 建物の壁や天井などの吹き付け材によく使われる青石綿や茶石綿などは分析対象でなく、
監視体制のずさんさが明らかになった。環境省は調査結果について、「表現が不適切だった」として
公表方法を見直す考えだ。

 2005年に兵庫県尼崎市のクボタ旧工場の周辺住民に健康被害が出ていたことが発覚し、
環境省が調査を始めた。同年度に建物の解体現場近くなど全国361地点、06年度は169地点を調べ、
いずれの地点も「問題になるレベルではない」と発表した。

 調査は、環境省が作成した「アスベストモニタリング(継続監視)マニュアル」に基づいて行われている。
採取した大気中の物質について、フィルターで光の波長を変えて白石綿を見えやすくし、顕微鏡で本数を
数えてアスベスト数としている。

 一般大気中の規制基準がないため、
環境省は大気汚染防止法の工場周辺の大気基準(大気1リットルあたり全アスベスト10本以下)を準用。
この基準を超えているかどうかで問題のある、なしを判断している。
この方法は、アスベスト工場周辺の大気中の濃度を調べようと1985年に採用された。
アスベスト製品の原料は白石綿が大部分を占めることから、工場周辺では白石綿のみ調べれば
十分と考えられていた。

 しかし、建物の吹き付け材はほかのアスベストも使われており、06年11月に山口市の建物解体現場近くで行われた環境省の調査で「問題なし」とされた同じ試料を、環境省の「大気濃度調査に関する検討会」の
小坂浩委員(元兵庫県立健康環境科学研究センター研究員)が別の方法で調べたところ、白石綿より
発がん性の高い青石綿が基準の5倍以上(同56本)見つかった。

 環境省は「6種類調べるべきだった」としながらも、大気中の全アスベストを調べる方法について、
「精度の点で確立していない」と説明。ただ、アメリカやイギリスでは既に調査法が実用化されている。
小坂委員は「工場周辺向けに作られた測定方法で一般大気を測定しようという点が問題。
外国の測定方法も参考に見直しを議論していくべきだろう」としている。

2008年3月29日14時43分 読売新聞 抜粋


テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

アスベスト被害相談、厚労省の電話ふさがりっぱなし
アスベスト(石綿)被害で労災認定を受けた従業員の勤務先2167事業所を公表した厚生労働省で
29日、電話相談が始まった。

 しかし、同省が用意した電話回線は3回線、相談に直接応じている職員も3人だけで、
つながりにくい状態が続いた。

 東京・霞が関の同省内に設置された専用電話には、午前10時の相談開始とともに電話が鳴り始め、
用意した回線がすべてふさがった。

 中皮腫(しゅ)で死亡した従業員の遺族や、現在治療中という本人などから、
「労災はどう申請したらいいのか」「自分の病気はアスベストが原因なのか」といった相談が寄せられ、
職員は「これまでの勤務先を思い出して、近くの労基署に相談して」「中皮腫はアスベストとの関連性が高い」などと応じていた。

 電話を3回線にした理由について、同省は「前回(2005年)に公表した時は3回線で十分だった」
説明している。ただ05年に公表したのは383事業所で、今回公表した事業所数は5・7倍に上る。

 30日までの電話相談の番号は、03-3502-6750、03-3502-0876、03-3502・6748。
受付時間は午前10時~午後5時。

 31日以降は、厚労省職業病認定対策室(03-5253-1111、内線5569)と、
全国の労働局、労働基準監督署へ。

2008年3月29日13時24分 読売新聞 抜粋

【厚生労働省発表リスト】
 石綿ばく露作業による労災認定等事業場一覧表(第1表) ←クリック

 石綿ばく露作業による労災認定等事業場一覧表(第2表) ←クリック

 石綿ばく露作業による船員保険の職務上認定事業場一覧表 ←クリック




電話回線や職員人数だけでも、読みが甘いですネ
これじゃ先が思い遣られるな!
発症(被害者件数)が急増しているのを実感していないのだろうか?



  ≪ このエントリーには続きがあります... ≫  

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

石綿労災認定、2167事業場を公表 厚労省
肺がんなどの原因にもなるアスベスト(石綿)の健康被害をめぐり、厚生労働省は28日、05~06年度に
石綿による労災認定を受けた従業員がいた全国2167事業場の名称を公表した。石綿被害が注目された
05年度以降に労災申請が増え、公表事業場数は04年度以前の5.7倍に急増。業種も、石綿製品の
メーカーや建設業だけでなく、造船、運輸、小売りなどに広がっており、公表を遅らせてきた厚労省に
批判が集まりそうだ。

公表は05年7、8月以来で、前回は04年度以前の労災認定分、計383事業場名を公表した。今回は、05、06年度に労災認定を受けた従業員がいた事業場と、石綿で亡くなった従業員の遺族に給付金を支払う石綿健康被害救済法の対象事業場を含んでいる。いずれも名称のほか、事業場ごとの労災認定件数、石綿を使っていた期間、その作業内容などを公表した。

 ただ、今回公表した事業場には、前回公表した事業場が除かれており、市民団体などからは
「その後の被害の拡大などが分からず、問題だ」と批判が高まっている。

 業種別では、石綿を含んだ建材を扱うことが多い建設業が1178件で全体の54.4%。
石綿製品メーカーを含む製造業も761件と、両業種で全体の約9割を占める。



2008年03月28日15時31分 アサヒコム抜粋


なんで?『後手後手厚生労働省』
日本の悪い気質って奴なのか?
データーの出し方が意味不明!
目的をハッキリさせればおのずとデーターの出し方なんて分かるではないか!

しかし被害は急大である。。。←こんな言葉あるのか?




テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

石綿疾患の救済、死後判明も検討 環境相が言及
死後に石綿特有の疾患である中皮腫などと判明しても、認定申請していなければ
石綿健康被害救済法(石綿新法)による救済措置が認められない問題について、鴨下環境相は18日の
衆院環境委員会で「課題だと十分に承知している。被害者の意見をしっかりと受け止め、速やかに検討に入りたい。すき間のない救済にかなうようにしたい」と述べ、同法の見直しに前向きな姿勢を示した。
田島一成議員(民主)の質問に答えた。

 同法は、石綿による住民被害や労災時効となった被害者の遺族を救済するために06年3月に施行。
石綿が原因とされる中皮腫や肺がんで療養中の被害者に医療費(自己負担分)と手当▽法施行前に
死亡した人の遺族には特別遺族弔慰金(280万円)▽施行前の労災時効遺族には特別遺族給付金
(一時金1200万円か年金)を支払う。

 ただ、法施行後は、認定申請をしないまま死亡後に環境暴露による中皮腫などと判明しても、
救済対象にはならない。このため、患者や遺族らから見直しを求める声が上がっている。
民主党は議員立法による法改正案の提出準備を進めている。


2008年03月19日 朝日新聞 抜粋 

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

被害者の肺からアスベスト1万本超 夫の作業着洗い家庭内暴露か
クボタ旧神崎工場(兵庫県尼崎市)で働き、中皮腫で昭和63年に死亡した男性=当時(55)=の
妻が昨年2月、石綿による肺がんで亡くなっていたことが16日、分かった。夫の作業着を洗っていた
ことによる「家庭内暴露」とみられ、肺からは労災認定基準の2倍以上の石綿が見つかった。
専門家は「家庭内暴露で肺がんになるとは聞いたことがない。衝撃的な結果だ」と驚いている。
家庭内暴露による石綿被害では、中皮腫によるものが数例報告されているが、
大量の石綿を吸い込まないと発症しない肺がんで死亡した例が明らかになったのは初めてという。
男性はクボタの下請け会社に勤務し、同工場で石綿を扱っていたために、中皮腫で昭和63年に死亡。
妻は昨年2月、肺がんで74歳で亡くなった。
妻の死後の同8月に石綿の影響などを医師らが調べた結果、肺1グラム当たり1万2903本の石綿を発見。
これは石綿を扱う作業を20年以上続けていた場合に相当するといい、専業主婦には考えられない量だった。
クボタが石綿を使用していた昭和29~50年の間、男性夫婦が同工場の1キロ圏内に暮らしたのは
半年ほどで、環境暴露は考えにくい。夫の作業着を自宅屋内の洗濯機で洗濯した際に作業着に着いた
石綿を大量に吸い込んだ可能性が高いという。

夫も妻も国からの石綿病の認定を受けており、夫はクボタから救済金の認定も受けている。
妻については遺族が今年1月、クボタに救済金を申請した。
遺族の長女(43)は「まさか母まで石綿で亡くなるとは思わなかった」と話し、石綿被害者らを支援する
尼崎労働者安全衛生センターの飯田浩事務局長は「家庭内暴露を知らない人は多い。
被害者はもっといるのではないか」と指摘する。

 ■独立行政法人労働安全衛生総合研究所(東京都清瀬市)の森永謙二部長の話 
「家庭内暴露で、肺から約1万3000本もの石綿が見つかるケースは世界的にも珍しい。
石綿が付着した作業着を洗濯するなどしただけで、これほど大量の石綿に暴露するのは、当時のクボタの
作業環境がいかに劣悪だったかの証拠だろう。クボタは当時の作業状況をしっかりと公開する必要がある」


2008年3月16日 産経新聞 抜粋



この様な事がある事を、父の担当医も話していたが可なり少ない確率であると。

母に検査をすすめたが、母いわく「もしも中皮腫だったとしても知らない方がいい」・・・と

現状では確かに治らないのだし、苦しむ時間は少ない方がいいかな・・・
父を見て、自分自身の場合でも知らない方が好いか!・・・と考える。
クスリで延命しても苦しさが長引くだけだし・・・ 治る希望があるなら別の話しだけどネ

しかし、増えてるみたいだネ 




テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

潜伏期間
医学的には証明されていない様ですが、
「中皮腫の潜伏期間は20~30年といわれるが、進行の早い人もおり、
                                発症者が出てもおかしくない」と考える人もいる様だ。


これが本当に事実なら大変な事だ。
個人差はあるのは当然の事!
平成7年の阪神・淡路大震災からだとたった13年

あまりにも早過ぎる。他に発病を早める要因があるのではないか?
吸引量?喫煙?・・・

石綿対策全国連絡会議の古谷杉郎事務局長は
「事例によっては10年で発症」と指摘。

認識の訂正が必要の様だ。


この件は今後に注目!!


鎌ヶ谷総合病院 天窓
AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体



All Contents (Number)

【ここをクリックにて全タイトルを表示】



当ブログはリンクフリーです♪

ご報告いただければコチラからも伺います ♪♪このブログをリンクに追加する♪♪

突進うさぎ usagifanimation7



Multi Access Counter



Online Counter

現在の閲覧者数

いらっしゃいませ♪                 いつもありがとうございます



Twitter



Profile

REDBALL

Author:REDBALL
突進うさぎ
=============================
「酒は人生のスパイス」
 ココは
  「もぐり呑み屋」
     場所は秘密!


   どうです?

  今日の特別な一杯、
    貴方も一緒に
      呑みませんか!


 店主は本ブログの管理人

       2007年 1月31日
ティモテうさぎ
=============================

●撮影機材●
・PENTAX K10D
・PENTAX K-5
・Takumar 50mm f1.4
・DA18-55mmF3.5-5.6ALII
・AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
・APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
・AC CLOSE-UP LENS No.3, 5, 10
・AF 15mm/f2.8EX FISHEYE
・TELE PLUS 1.5×
・Reverse Adapter
・Xacti DMX-C5
・RICOH CX1
・FOVEON (DP2s)
・OLYMPUS F280
・SA001
・SLIK カーボン 813 EX
・DIGI BORG 71FL 400mm×1.4 フローライト
・71FL 400mm×F AFアダプター1.7X
・虫の眼レンズ RB-Original Version Rev.x
=============================
=============================
♪REDBALLのお薦めスポット紹介です♪
↓↓↓↓
おすすめスポットバナー

食ううさぎ
=============================

寝転ぶうさぎ
下記バナーをクリックすると
『アスベスト・悪性胸膜中皮腫と戦う』
関連カテゴリのみを抽出します。
↓↓↓↓

悪性胸膜中皮腫と戦うカテゴリのみ抽出します

↑↑↑↑
私の父は、2007年5月4日に
『悪性胸膜中皮腫』で亡くなりました。

「型枠大工」を一生の仕事とし、
仕事中に「アスベスト」吸い込んだ様です。

2年前に背中が痛くて病院で
「肋間神経痛」と診断される。
それから2年が経過した今年、
実は『悪性胸膜中皮腫』と判明。
即、入院して2ヶ月後には…

発症時期は、
背中が痛いと感じた2年前とされる。
「アスベスト」を吸い込んだのは
遡って推定で30年位前であろう。

「アスベスト」は怖い物質です。
自覚症状が出た時には遅いのです。
悲しい事にこれから発症数は
増加の一途です。

同じ戦いをする方々、
そしてご家族にお役に立てばと思い、
父と家族の戦いをここに記します。

       2007年 8月30日

戦いはここから始まった・・・
先頭から読むならこちらをクリック!
↓↓↓↓
戦いはここから始まった・・・

=============================
跳ねうさぎ



Calendar


10 ≪ 2017/1112
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

©Plug-in by ASIA SEASON



Recent Article



Recent Comment mini



Favorite-Tree Rink

面白~い、楽しいとか思った皆様のサイトを「勝手にリンク!」していることがありますが、 スミマセン甘~い 目で許してネ! m(v_v)m                                   福助福助福助福助福助福助  ♪♪♪ 当ブログは リンクフリーです ♪♪♪

   ♪当ブログはリンクフリーです♪         ご報告いただければコチラからも伺います ♪♪♪このブログをリンクに追加する♪♪



Article Category



Recent Track back



REDBALLにメールする

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



RSSフィード



BLUR☆STAR



金魚♪

??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??



A mouse groupie(A star)

-Ma vie-



pictlayer





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。