Speak-Easy
「うさぎと暮らす」「写真ブログ」「ポタリング」「ママチャリで0泊!房総半島一周」                                SUB Title: アスベスト・悪性中皮腫 『私と家族のメモリーとして、同じ戦いをする人達に捧ぐ為に』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者が足りない・・・
国立がんセンターで麻酔医退職相次ぐ 手術も制限


 日本で最大級のがん治療施設である国立がんセンター中央病院(東京都中央区、土屋了介院長)で、
常勤の麻酔医10人のうち、5人が昨年末から今年3月にかけて相次いで退職し、手術件数を2割減らす
事態に陥っている。
全国的な麻酔医不足の波に、がん医療の先端を担う中核病院ものみ込まれたかっこうだ。

 中央病院は、1日当たり約20件だった手術を、3月から15件に減らした。
院内に張り紙で手術件数の制限について患者に周知。
「(手術を)特に急ぐ必要のある方には都内、あるいは自宅の地域の病院を紹介します」と理解を
呼びかけている。

 中央病院によると、退職医師の多くは、給与など待遇の良い医療機関に転籍した。
中央病院医師は国家公務員で、30代の中堅で年収700万~800万円ほど。
1千万円を超えることの多い民間病院と比べて低く、待遇の改善を求めたとみられる。
また、関係者によると、技術を向上したいという麻酔医らの要望に、中央病院の手術内容では
応えられないという不満も出ていたという。

 日本麻酔科学会が05年にまとめた提言では、全国にある1万の病院のうち4千施設が全身麻酔を実施。
だが、麻酔医が所属する同学会員が常勤している施設は約2千にとどまっており、手術の安全が懸念されると
指摘している。

 全身麻酔による手術件数は年々増えているほか、
がん患者らの痛みをコントロールする緩和ケアやペインクリニックも広がっている。
手術以外での麻酔医の需要も不足に拍車をかけているとみられる。


アサヒ・コムトップ 2008年04月03日11時49分 抜粋






「ペインクリニック」は様々な痛みをいろいろな方法で治療するクリニック。

「緩和ケア」と「ホスピス」は同じもの。呼び方だけの違い。
簡単に内容としては、
「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、
身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな (霊的な、魂の)問題に関してきちんとした
評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、
クオリティー・オブ・ライフ(生活の質、生命の質)を改善するためのアプローチである。」

日本ホスピス緩和ケア協会ホームページに書かれています。

「緩和ケア(ホスピス)」が増えている事は望ましいのですが、
痛みを和らげるには、『麻酔医』が欠かせません。
麻酔医が不足する事は大変な問題です。

実際、不足しているのは麻酔医だけではないのです。
医者という医者が足りないのです。
困ったものです。

私が診て貰ってるお医者さんはいつも白い顔して、私より患者らしい風貌。
病院には遅刻してくる事も2度目・・・
前日から殆ど徹夜で、電車に乗ったのは良いが、乗り過ごして1時間半の遅刻・・・
医者も患者も大変です。



電球
DA18-55mmF3.5-5.6ALII

スポンサーサイト

テーマ:薬・医者・病院等 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://redballbellbull.blog87.fc2.com/tb.php/243-6892f1e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

All Contents (Number)

【ここをクリックにて全タイトルを表示】



当ブログはリンクフリーです♪

ご報告いただければコチラからも伺います ♪♪このブログをリンクに追加する♪♪

突進うさぎ usagifanimation7



Multi Access Counter



Online Counter

現在の閲覧者数

いらっしゃいませ♪                 いつもありがとうございます



Twitter



Profile

REDBALL

Author:REDBALL
突進うさぎ
=============================
「酒は人生のスパイス」
 ココは
  「もぐり呑み屋」
     場所は秘密!


   どうです?

  今日の特別な一杯、
    貴方も一緒に
      呑みませんか!


 店主は本ブログの管理人

       2007年 1月31日
ティモテうさぎ
=============================

●撮影機材●
・PENTAX K10D
・PENTAX K-5
・Takumar 50mm f1.4
・DA18-55mmF3.5-5.6ALII
・AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
・APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
・AC CLOSE-UP LENS No.3, 5, 10
・AF 15mm/f2.8EX FISHEYE
・TELE PLUS 1.5×
・Reverse Adapter
・Xacti DMX-C5
・RICOH CX1
・FOVEON (DP2s)
・OLYMPUS F280
・SA001
・SLIK カーボン 813 EX
・DIGI BORG 71FL 400mm×1.4 フローライト
・71FL 400mm×F AFアダプター1.7X
・虫の眼レンズ RB-Original Version Rev.x
=============================
=============================
♪REDBALLのお薦めスポット紹介です♪
↓↓↓↓
おすすめスポットバナー

食ううさぎ
=============================

寝転ぶうさぎ
下記バナーをクリックすると
『アスベスト・悪性胸膜中皮腫と戦う』
関連カテゴリのみを抽出します。
↓↓↓↓

悪性胸膜中皮腫と戦うカテゴリのみ抽出します

↑↑↑↑
私の父は、2007年5月4日に
『悪性胸膜中皮腫』で亡くなりました。

「型枠大工」を一生の仕事とし、
仕事中に「アスベスト」吸い込んだ様です。

2年前に背中が痛くて病院で
「肋間神経痛」と診断される。
それから2年が経過した今年、
実は『悪性胸膜中皮腫』と判明。
即、入院して2ヶ月後には…

発症時期は、
背中が痛いと感じた2年前とされる。
「アスベスト」を吸い込んだのは
遡って推定で30年位前であろう。

「アスベスト」は怖い物質です。
自覚症状が出た時には遅いのです。
悲しい事にこれから発症数は
増加の一途です。

同じ戦いをする方々、
そしてご家族にお役に立てばと思い、
父と家族の戦いをここに記します。

       2007年 8月30日

戦いはここから始まった・・・
先頭から読むならこちらをクリック!
↓↓↓↓
戦いはここから始まった・・・

=============================
跳ねうさぎ



Calendar


05 ≪ 2017/0607
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON



Recent Article



Recent Comment mini



Favorite-Tree Rink

面白~い、楽しいとか思った皆様のサイトを「勝手にリンク!」していることがありますが、 スミマセン甘~い 目で許してネ! m(v_v)m                                   福助福助福助福助福助福助  ♪♪♪ 当ブログは リンクフリーです ♪♪♪

   ♪当ブログはリンクフリーです♪         ご報告いただければコチラからも伺います ♪♪♪このブログをリンクに追加する♪♪



Article Category



Recent Track back



REDBALLにメールする

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



RSSフィード



BLUR☆STAR



金魚♪

??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??



A mouse groupie(A star)

-Ma vie-



pictlayer





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。