Speak-Easy
「うさぎと暮らす」「写真ブログ」「ポタリング」「ママチャリで0泊!房総半島一周」                                SUB Title: アスベスト・悪性中皮腫 『私と家族のメモリーとして、同じ戦いをする人達に捧ぐ為に』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肋間神経痛

『肋間神経痛』



父が中皮腫と判る前に診断されていた病名である。

最終的には、「悪性胸膜中皮腫」であり、
残念な事に診断の誤った『肋間神経痛』に対して2年間治療していたのである。
悲しいけど無駄な治療となった。

医者も勉強しながら新しい病気に向かって行くのだし、私たちはその医者を恨んではいない。

現状では判断の難しい病気だったのだし。
今後の判断に役立ててくれるのなら…と考える。



生活がだいぶ落ち着いてきた。

勉強と考え、

再び『肋間神経痛』をググってみた。



実は知合いの女性が「肋間神経痛」であると診断されたのです。
背中が痛いと、整骨医を訪れてのことである。



父の件で人に聞いた話を総合すると
「肋間神経痛」自体、今は少ない病気である。

症状としては、
 簡単に言えば「背中が痛い」となる。

もう少し医学的に説明するとなると以下の様になるそうです。

肋間神経は背中から出て、胸腹部に分布する末梢神経です。   
 背中(胸髄)から出た12対の胸神経の前肢が肋間神経です。
 上部7対は、肋骨に沿い胸骨に向かい、下部5対は前下方に向かって走行し腹部に分布します。
 この肋間神経の支配領域が痛むのが肋間神経痛で、頻度の高いものです。



そして、
要因について書かれている文書を見つけ、私は『愕然』としました。
 ※以下参照

原因不明の原発性肋間神経痛と、原因の明らかな続発性肋間神経痛に分けられます。原発性は、心因性の痛みや続発性の痛みを除いたうえで、末梢神経になんらの病変も見出さないものをいいます。
 続発性は、末梢神経および脊髄の知覚神経の刺激や障害によっておこります。この原因としては、変形性脊椎症などの脊椎の病気や帯状疱疹が原因でおこることが多いのですが、胸膜炎、肺炎、肺がんなどの胸部の内臓が関係していることがあるので、注意が必要です。




『肋間神経痛』と言う診断は案外全くの誤診でもない様だ!


どうやら!色んな症状(背中の痛み)の総称の様だ。

父の場合、肋間神経痛と診断されて直後にアスベストの影響だと判っていたら治療はどの様に進められたのか?
反対に寿命は縮まっていた可能性も考えられる。
なにせ、治療薬は無かったのだから…(今も残念ながら無い)
あ~でもない こ~でもない …と色んな薬を試して副作用で弱っていたかもしれない。


さて!上文(要因)で気になるのが
『胸膜炎、肺炎、肺がんなどの胸部の内臓が関係していることがあるので、注意』ってところ!


山口のお母様も言っていた『背中が痛い時は気を付けなさい!!』
この言葉にもキッチリとした根拠があるのである。



さてここで彼女にも話しをしたのであるが、

「病院にはちょくちょく行ってるので大丈夫です」…との返事。

だけど、行き先を誤れば専門外の医者には判らないのである。

彼女は本当に大丈夫なのであろうか?



私には彼女の顔色は決して良くは見えない。
仕事柄、内臓には負担が掛かっていると思う。(アルコール)
専門の医者に診察してもらった方が良いのだが、本人次第となる?
彼女は子宮にも疑いがあるなどと診断された事があるが、その結果はでたのだろうか?


要注意ですよ!!


スポンサーサイト

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

こんばんわ。。

「肋間神経痛」 私も2週間前から左背中が痛みだし疑いました。。。

自分は生まれつき「脊椎側湾症」という持病を持っているので背中がいつ痛みだしてもおかしくないのです。

だから・・いつもの突発な痛みなのかな~なんて1週間様子をみていたのですが

痛みが増すばかり・・しかも体左半分だけ背中や脇腹、左胸にかけて痛みが移動するんです。

これはやばい病気なんじゃないかと病院へ・・・

内科に行ったら皮膚科へ行ってくださいと。。。。。「皮膚科????」

なんと「帯状疱疹」になってしまったんです。

とても痛いと聞いてましたが、ほんとうに激痛です。

痛さが帯状に移動するんですよね。夜も眠れません・・・・

ここで私は思いました。。。。「親父はこんな痛み。。。いや!もっと痛かったんだ・・・」

「こんな痛さと闘ったんだ・・・」と自分の体で思い知りました。

これでも5年前に「胸膜炎」も患っているんです。(ほんと大病ばかり・・・)

右肺でしたが激痛にもかかわらず我慢して弟の結婚式に出席し、すぐ病院行ったら なんと胸水が3リットル溜まってるという状態。。。

即入院し胸水を抜いたら色が「黄色」でした。
(自分が今まで飲んだビールかと思うくらい黄色でした)

「ガンかも・・・」とまで言われましたがガンではなかったんです。
(でも胸膜炎が前兆だったのか1年後 「結核」 になっちゃいましたが・・)



父も肺が痛くなって肺に水が溜まってると言われ、抜いてみたら「赤」だったんです。

父はこの「赤色」で自分は違う病気だと・・直感してました。

うちは胸水を抜いてから「悪性中皮腫」と診断されましたが やはり治療の仕方なのでしょうか 2年という短さでした。(すぐ抗がん剤治療でしたしね)

REDBALLさんのお父様は初めは「肋間神経痛」の治療で2年でしたが、逆に命を繋いでいたのかもしれませんね。。。

我ながら、胸膜炎に結核に帯状疱疹・・・・病気と闘うと強くなりますね!!

命を粗末にする人々が最近目立ちますが(事件を聞く度に腹立ちます!!!!)

もっと命を大切にして欲しいものですね。。。
【2007/07/10 21:23】 URL | はな #- [ 編集]

RE:はな さま
ども!ども!! はな さん

いらっしゃいませ



>自分は生まれつき「脊椎側湾症」という持病を持っているので背中がいつ痛みだしても
>おかしくないのです。

この様な病気があるのは知りませんでした。
背骨が曲がるのですか!!
肺や内蔵に負担が掛かるのですね!



>だから・・いつもの突発な痛みなのかな~なんて1週間様子をみていたのですが
>痛みが増すばかり・・しかも体左半分だけ背中や脇腹、左胸にかけて痛みが移動するんです。
>これはやばい病気なんじゃないかと病院へ・・・

えっ!


>なんと「帯状疱疹」になってしまったんです。
>とても痛いと聞いてましたが、ほんとうに激痛です。
>痛さが帯状に移動するんですよね。夜も眠れません・・・・

うん 痛いと聞いたことがあります。


>ここで私は思いました。。。。「親父はこんな痛み。。。いや!もっと痛かったんだ・・・」
>「こんな痛さと闘ったんだ・・・」と自分の体で思い知りました。

そうだよね!
痛かったんだよね!
私には想像さえできません・・・



>これでも5年前に「胸膜炎」も患っているんです。(ほんと大病ばかり・・・)
>右肺でしたが激痛にもかかわらず我慢して弟の結婚式に出席し、すぐ病院行ったら
>なんと胸水が3リットル溜まってるという状態。。。

ちょっとォ~

  はな さ~ん

    「3リットル」って尋常な量じゃないよ~

      相当、苦しかったんじゃないの?

  私の父は500mlだったよ!(心臓と肺の間に)



>「ガンかも・・・」とまで言われましたがガンではなかったんです。
>(でも胸膜炎が前兆だったのか1年後 「結核」 になっちゃいましたが・・)

私の父も30才の時に「結核性胸膜炎」になったそうです。
気をつけて下さいね!!

そしてこの時、肺が弱っていて、アスベストの影響をまともに受けたのが
中皮腫に繋がったのでは?などとの話しもあります。
(医学的根拠はないのであくまでも想像の粋ですが)

はなさん も、私の父も我慢強いみたいです。
これが結果的に悪い方向へ転がる事がありますので我慢もホドホドに!!



>我ながら、胸膜炎に結核に帯状疱疹・・・・病気と闘うと強くなりますね!!
>命を粗末にする人々が最近目立ちますが(事件を聞く度に腹立ちます!!!!)
>もっと命を大切にして欲しいものですね。。。

同感です!!



それでは! またv-422
【2007/07/11 17:53】 URL | REDBALL #6I7FAO8M [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://redballbellbull.blog87.fc2.com/tb.php/134-ab58f461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アスベストについて

アスベストに関する最新情報から詳細までをご紹介していきます。随時更新していきます。よろしくお願いいたします。 アスベストについて【2007/09/27 00:43】

All Contents (Number)

【ここをクリックにて全タイトルを表示】



当ブログはリンクフリーです♪

ご報告いただければコチラからも伺います ♪♪このブログをリンクに追加する♪♪

突進うさぎ usagifanimation7



Multi Access Counter



Online Counter

現在の閲覧者数

いらっしゃいませ♪                 いつもありがとうございます



Twitter



Profile

REDBALL

Author:REDBALL
突進うさぎ
=============================
「酒は人生のスパイス」
 ココは
  「もぐり呑み屋」
     場所は秘密!


   どうです?

  今日の特別な一杯、
    貴方も一緒に
      呑みませんか!


 店主は本ブログの管理人

       2007年 1月31日
ティモテうさぎ
=============================

●撮影機材●
・PENTAX K10D
・PENTAX K-5
・Takumar 50mm f1.4
・DA18-55mmF3.5-5.6ALII
・AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
・APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
・AC CLOSE-UP LENS No.3, 5, 10
・AF 15mm/f2.8EX FISHEYE
・TELE PLUS 1.5×
・Reverse Adapter
・Xacti DMX-C5
・RICOH CX1
・FOVEON (DP2s)
・OLYMPUS F280
・SA001
・SLIK カーボン 813 EX
・DIGI BORG 71FL 400mm×1.4 フローライト
・71FL 400mm×F AFアダプター1.7X
・虫の眼レンズ RB-Original Version Rev.x
=============================
=============================
♪REDBALLのお薦めスポット紹介です♪
↓↓↓↓
おすすめスポットバナー

食ううさぎ
=============================

寝転ぶうさぎ
下記バナーをクリックすると
『アスベスト・悪性胸膜中皮腫と戦う』
関連カテゴリのみを抽出します。
↓↓↓↓

悪性胸膜中皮腫と戦うカテゴリのみ抽出します

↑↑↑↑
私の父は、2007年5月4日に
『悪性胸膜中皮腫』で亡くなりました。

「型枠大工」を一生の仕事とし、
仕事中に「アスベスト」吸い込んだ様です。

2年前に背中が痛くて病院で
「肋間神経痛」と診断される。
それから2年が経過した今年、
実は『悪性胸膜中皮腫』と判明。
即、入院して2ヶ月後には…

発症時期は、
背中が痛いと感じた2年前とされる。
「アスベスト」を吸い込んだのは
遡って推定で30年位前であろう。

「アスベスト」は怖い物質です。
自覚症状が出た時には遅いのです。
悲しい事にこれから発症数は
増加の一途です。

同じ戦いをする方々、
そしてご家族にお役に立てばと思い、
父と家族の戦いをここに記します。

       2007年 8月30日

戦いはここから始まった・・・
先頭から読むならこちらをクリック!
↓↓↓↓
戦いはここから始まった・・・

=============================
跳ねうさぎ



Calendar


08 ≪ 2017/0910
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

©Plug-in by ASIA SEASON



Recent Article



Recent Comment mini



Favorite-Tree Rink

面白~い、楽しいとか思った皆様のサイトを「勝手にリンク!」していることがありますが、 スミマセン甘~い 目で許してネ! m(v_v)m                                   福助福助福助福助福助福助  ♪♪♪ 当ブログは リンクフリーです ♪♪♪

   ♪当ブログはリンクフリーです♪         ご報告いただければコチラからも伺います ♪♪♪このブログをリンクに追加する♪♪



Article Category



Recent Track back



REDBALLにメールする

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



RSSフィード



BLUR☆STAR



金魚♪

??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??



A mouse groupie(A star)

-Ma vie-



pictlayer





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。