Speak-Easy
「うさぎと暮らす」「写真ブログ」「ポタリング」「ママチャリで0泊!房総半島一周」                                SUB Title: アスベスト・悪性中皮腫 『私と家族のメモリーとして、同じ戦いをする人達に捧ぐ為に』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

形見
5月10日(木)

甥っ子の自転車がマンションの駐輪場から無くなっているのが確認された。
スイミングスクールに通う為に甥っ子が乗ろうとした時の事。

実際にはいつ無くなったのかは判らない。
父の看病の為に、甥っ子も毎日 病院に通っていたのだから。
10日以上、自転車を見ていなかったと思われる。

マンションの管理会社の人達、マンションの住人、警察、そして友達、
皆で探してくれた。



そして
5月15日(火)

母からのメールが妻の携帯を鳴らす!!

『自転車が発見された!
 近くの病院に乗り捨てられていたとの事』

良かったね!! 見つかって!!



甥っ子は「爺ちゃんっ子」で、父が亡くなってから可なり疲れている。
(眠ることが多くなった)

父が入院中、お風呂から大きな泣き声が聴こえたそうだ(談:妹)
甥っ子がひとりでお風呂で泣いていた・・・と


普段はそんな素振りさえ見せなかったけど凄く悲しんでいたんだね。
当たり前だよな!!


爺ちゃんが元気な頃は、
週末毎週の様に、爺ちゃん家へ会いに泊まりに行ってたものね。

病院では本当は、
ベッドで爺ちゃんの足元に寝転んで近くに居たかったのでしょうが、
邪魔になると思って病室の外でゲームしていたのでしょ!
日が暮れるまで病院に居ても、帰りたいなんて一言も言わず。



そんな大好きな爺ちゃんが
去年、12月の誕生日にプレゼントしてくれた自転車だもんネ!

いつまでも大切に乗って下さい。



スポンサーサイト

テーマ:アスベスト - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

うちの姪っ子ちゃんも爺っ子です。

変な話ではありますが、父が亡くなったときは2歳で

小さいのでショックが大きいだろうと考え葬儀等は見せませんでした。(自宅で待機)

出棺の時ジャスト昼12時だったのですが、後から聞いた話でびっくりしたのですが

自宅待機の姪っ子はその昼12時に 突然すくっと立ち上がり仏壇に走り「チーン」と。

どうしたの?と聞いたところ「ジジがね、ゆいちゃん 鳴らして・・って言ったの」だそう。

小さい子にはよく見える聞こえるそうだと聞いてましたが・・

聞こえていたんですね。もう家族みんなで驚きました。

父がいなくなっても 自宅に父の気配が。。。

弟夫婦達と1階で食事していて2階に誰もいないのに足音がしたり 私達には見えないのに、姪っ子が「ジジがあそこにいる・・」とか「夜ねジジが来たんだよ」とか・・

もう驚きの連続の日々でした。

きっと今もお父様はそばにいますよ・・







【2007/05/17 00:35】 URL | はな #- [ 編集]

RE:はな さま
そうですかぁ~
みんな爺ちゃんが好きなんですよネ!


そうそう
葬儀での子供にまつわる不思議な話しって聞きますよね!
はなさんも体験したのですか!

実はネ !
いま回想録を書いていてそこにも書こうと思っているのですが、 
不思議な出来事が起きたのです。ひとつ


甥っ子には歳が離れた1歳8ヶ月の妹がいます。

この姪っ子が、父が火葬され骨と変わった姿を見て
『ジイチャン』と言ったのです・・・(驚)


周りに居た、私以外の家族、親戚一同も聞きました。


私は姪っ子の顔を見て「爺ちゃん?」って聞き返しましたもの!


あるんですね!こんな事が!
見えるんですね きっと小さい子には!


>きっと今もお父様はそばにいますよ・・
そうですネ! わたしもそう思います。




【2007/05/17 12:59】 URL | REDBALL #6I7FAO8M [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://redballbellbull.blog87.fc2.com/tb.php/102-9bb3bece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

All Contents (Number)

【ここをクリックにて全タイトルを表示】



当ブログはリンクフリーです♪

ご報告いただければコチラからも伺います ♪♪このブログをリンクに追加する♪♪

突進うさぎ usagifanimation7



Multi Access Counter



Online Counter

現在の閲覧者数

いらっしゃいませ♪                 いつもありがとうございます



Twitter



Profile

REDBALL

Author:REDBALL
突進うさぎ
=============================
「酒は人生のスパイス」
 ココは
  「もぐり呑み屋」
     場所は秘密!


   どうです?

  今日の特別な一杯、
    貴方も一緒に
      呑みませんか!


 店主は本ブログの管理人

       2007年 1月31日
ティモテうさぎ
=============================

●撮影機材●
・PENTAX K10D
・PENTAX K-5
・Takumar 50mm f1.4
・DA18-55mmF3.5-5.6ALII
・AF17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
・APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
・AC CLOSE-UP LENS No.3, 5, 10
・AF 15mm/f2.8EX FISHEYE
・TELE PLUS 1.5×
・Reverse Adapter
・Xacti DMX-C5
・RICOH CX1
・FOVEON (DP2s)
・OLYMPUS F280
・SA001
・SLIK カーボン 813 EX
・DIGI BORG 71FL 400mm×1.4 フローライト
・71FL 400mm×F AFアダプター1.7X
・虫の眼レンズ RB-Original Version Rev.x
=============================
=============================
♪REDBALLのお薦めスポット紹介です♪
↓↓↓↓
おすすめスポットバナー

食ううさぎ
=============================

寝転ぶうさぎ
下記バナーをクリックすると
『アスベスト・悪性胸膜中皮腫と戦う』
関連カテゴリのみを抽出します。
↓↓↓↓

悪性胸膜中皮腫と戦うカテゴリのみ抽出します

↑↑↑↑
私の父は、2007年5月4日に
『悪性胸膜中皮腫』で亡くなりました。

「型枠大工」を一生の仕事とし、
仕事中に「アスベスト」吸い込んだ様です。

2年前に背中が痛くて病院で
「肋間神経痛」と診断される。
それから2年が経過した今年、
実は『悪性胸膜中皮腫』と判明。
即、入院して2ヶ月後には…

発症時期は、
背中が痛いと感じた2年前とされる。
「アスベスト」を吸い込んだのは
遡って推定で30年位前であろう。

「アスベスト」は怖い物質です。
自覚症状が出た時には遅いのです。
悲しい事にこれから発症数は
増加の一途です。

同じ戦いをする方々、
そしてご家族にお役に立てばと思い、
父と家族の戦いをここに記します。

       2007年 8月30日

戦いはここから始まった・・・
先頭から読むならこちらをクリック!
↓↓↓↓
戦いはここから始まった・・・

=============================
跳ねうさぎ



Calendar


05 ≪ 2017/0607
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON



Recent Article



Recent Comment mini



Favorite-Tree Rink

面白~い、楽しいとか思った皆様のサイトを「勝手にリンク!」していることがありますが、 スミマセン甘~い 目で許してネ! m(v_v)m                                   福助福助福助福助福助福助  ♪♪♪ 当ブログは リンクフリーです ♪♪♪

   ♪当ブログはリンクフリーです♪         ご報告いただければコチラからも伺います ♪♪♪このブログをリンクに追加する♪♪



Article Category



Recent Track back



REDBALLにメールする

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



RSSフィード



BLUR☆STAR



金魚♪

??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??



A mouse groupie(A star)

-Ma vie-



pictlayer





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。